斉藤展士選手トップリーグ通算100試合出場を達成

0
    JUGEMテーマ:ラグビー

     
    12月7日(土)、東京・秩父宮ラグビー場にて行われた2ndステージ・BグループのNTTコミュニケーションズシャイニングアークス対リコーブラックラムズの試合でPR斉藤展士選手(NTTコミュニケーションズ)がトップリーグ23人目となるリーグ戦通算100試合出場を達成した。

    斉藤選手、100キャップおめでとうございます!


     
    日本代表のスクラムの練習相手にも呼ばれるなど、トップリーグの中でもスクラムの強さに定評のある斉藤選手。東大阪ラグビースクール出身で、大阪の淀川工、近大でプレーした後、2002年に地元の近鉄ライナーズ入り。2005年にはNECグリーンロケッツに加入し、練習中に首に大ケガをしたものの5ヶ月で復帰を果たした。そして2010年からはNTTコミュニケーションズでプレーしている34歳の右PRである。
     

    100キャップ達成の記念試合だったが、リコーに16−47で敗戦してしまったため、「自分の見せ場であるスクラムでコラプシングの反則を取られて悔しい」と険しい表情を崩さなかった。試合後の花束贈呈には母親が登場。「わざわざ、大阪からおかんを呼んだんですが、勝利することができ残念でした」と肩を落とした。それでも、職場の方々にスタンドに「NBG(=のぶじ)100キャップ」の人文字を作ってもらったことに関しては「やっぱりうれしいですね!」と声を弾ませた。
     
    比較的選手寿命の長いPR。今後も、斉藤選手がシャイニングアークスの右PRとしてスクラムを支えるはずだ!

    (文・斉藤健仁)



    Latest Entry

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others